有料アダルトサイトのアフィリエイトを通じて分かったこと。

アフィリエイターです。

月額定額性の有料アダルトサイトを紹介していて、現在のアフィリエイト歴は10ヵ月といった所でしょうか。

もちろん、他のジャンルにも参入していて、探偵、勃起不全、育乳といったところでもサイトを撒いています。

 

現在報酬が上がっているのがアダルトジャンルになるので、検証と結果といった経験値は、このジャンルでしか体感していません。

 

ただ思うのが、まずアクセス数が乏しい現在は、そこまで検証も出来ないし、そういった小さなデータでの検証・修正というのは、不毛だということです。

そういった事に力を注ぐのは大事だと思うし、ただ闇雲にサイトを作って放置していれば、成長も糞もありません。

 

しかし、母数が少ないうちにあれこれ考えて実行して、それで何か決定づけれるようなデータは返ってこないということを実感しました。

 

無駄な修正を繰り返すなら、別サイトを作った方が早いし、ABテストだって現段階ではするレベルではありません。

確率の問題でいうと、7日間発生0ということもざらに起こっているし、1日で1万超えの報酬が発生することもあります。

 

アクセスの元となっているキーワードだって違うし、データを取るっていう行為が、そもそも無駄な気がしますね。

売れる商品は売れるし、売れない商品は売れない

他のジャンルでもそうだと思いますが、売れる商品はたいてい決まっています。

そしてそれらが売れるためのアクセス源、つまりキーワードもある程度決まっているのが現実です。

 

レッドオーシャンと呼ばれるジャンルの、鉄板商品。

間違いなく売れますよね、だって自分よりも昔からそこで戦っていて、実際に報酬を得ているというデータがあるのだから。

 

それはアダルトサイトを紹介するのにも同じことが言えます。

有名で知名度の高いアダルトサイトは利用されるし、無名のサイトは利用されません。

いくらニッチな商標ワードで1~3位と上位表示されてアクセスがあっても、売れない商品は売れないのです。

 

つまり、キーワード的には激戦区でも、売れる商品を成約できるものこそ、労力を注いでSEOをかけるべきかなと。

売れるものを、売れるワードで流入させて、実際に売る。

それが遠回りのようで、報酬をあげるためには最短距離の近道なんじゃないでしょうか。

 

ちなみに下記のサイトが私のメインサイトです。

総合比較サイトになっているので、一度見てみてください。

どんなキーワードでアクセスがあっても、結局売れる商品はある程度決まっていますから。

ピーピングアイズ 入会 おすすめ